仙台でニキビの原因のアレルギーを調べる

仙台でニキビ治療を行う時、アレルギーが影響していないか
調べることから始めてみるとよいでしょう。

アレルギーがあると、化粧品を付けたときや食品を食べたときに、
お肌のトラブルとして出やすくなってきます。

状況

いつものケアに問題がないもののニキビが悪化しやすい時には、
特定の成分に反応しやすい体質か調べておくとよいでしょう。

仙台のクリニックに相談すれば、体質の検査を行うことが
できますので、ニキビも解消しやすくなってきます。

規則正しい

万が一、仙台のクリニックで調べて体質的に反応しやすい
成分が合った時には、その成分を含んでいない化粧品を
使うなどの対策を行うことができ、ニキビが出来ないように
自分で対策を行えるようになるのです。

アレルギー反応とは|細菌やウイルスを攻撃する免疫反応の一種

私たちの身体には、体内に細菌やウィルス、花粉などの異物が入ってくると、
これを攻撃して排除しようとする免疫反応という仕組みがあります。

これは身体を守るための大切な機能ですが、場合によっては過剰に反応
しすぎて自分の身体を傷つけてしまう場合もあります。

このような場合をアレルギー反応といいます。

人間の皮膚や粘膜には、外からの侵入を防ぐバリア機能という仕組みが
あります。

このバリア機能が破損して異物が侵入すると、皮膚や粘膜のすぐ下に
ある抗原提示細胞が異物侵入の情報をリンパ球に伝達します。

この異物が細菌やウィルスの場合は、免疫反応として異物を攻撃・排除
して身体の健康が保たれるようにするのですが、侵入した異物が
アレルギーの原因となるアレルゲンの場合には、形質細胞がIgE抗体を
作り出したり、リンパ球が直接反応したりします。

そうすると、この抗体と反応したマスト細胞が分泌するヒスタミンや
ロイコトリエンが様々なアレルギー反応を引き起こします。

IgE抗体はアレルゲンの違いに応じて違ったタイプとして作り出されるので、
血液検査で血液中の抗体の種類を調べることで、どんなアレルギーを
持っているのかを確かめることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)