ニキビのレーザー治療とその痛み

赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプとニキビ跡には、色々な種類があります。

これらのニキビ跡は皮膚の中に問題があるので、スキンケアで改善する事は難しいようです。
早く症状を改善するには、美容皮膚科などの医療機関でうけられる、医療機関でのニキビ跡治療をお勧めします。

医療機関で受けられるニキビ治療の中でも、レーザー治療は最もポピュラーな治療法です。
レーザーを肌に照射し赤みを軽減したり、色素沈着の原因となっている、メラニン色素の排出を高めます。

また皮膚の表面を整える効果もあるので、クレーターの改善にも有効です。
レーザーはニキビ治療に大きな効果を発揮しますが、痛みを心配する方も多いでしょう。

ニキビ治療と痛み

痛みの感じ方には個人差がありますが、一般的にレーザーを照射した時に、
一瞬輪ゴムで弾かれた程度の痛さがあるようです。

また、痛さが苦手という方は、麻酔を施してから施術を行うクリニックもあるので、
医師に相談してみましょう。

治り具合や進行速度にも個人差がありますので、まずは自分に合った方法や内容を
知っていくことが大切です。レーザー治療に抵抗があるという方には
内服薬での治療法も可能かも知れませんので、心配なことははっきりと
医師に伝えておきましょう。

皮膚科でのにきび治療で処方される飲み薬について

にきびで皮膚科を受診すると、にきび治療のための飲み薬(内服薬)が処方されます。
にきび治療で処方される飲み薬には、主に、「抗炎症剤」、「ビタミン剤」、「抗生物質」の3種類があります。

抗炎症剤はにきびの炎症を内側から鎮めるもので、ビタミン剤は肌の新陳代謝を活発にして
にきびを治りやすくするものです。一方、にきびは主にアクネ菌などの常在菌が毛穴の内部で繁殖し、
毛穴に炎症を引き起こすことによってできます。

抗生物質は人体に有害な細菌を殺菌し、その活動を抑制する薬ですが、
にきび治療で用いられるのは、アクネ菌などに作用するタイプのものです。

このため、皮膚科で処方される抗生物質を飲むことでアクネ菌の数を減らし、
にきびを予防・改善することができるわけです。

 

ニキビの予防と改善

ただし、抗生物質を頻繁に使用していると、まれに耐性菌という抗生物質の効かない菌が誕生し、
それ以降同じ内服薬を使用できなくなるので注意が必要です。

耐性菌の発生を防ぐには、スキンケアを徹底して毛穴の皮脂や雑菌を丁寧に落とすとともに
規則正しい生活を心がけ、あまり抗生物質に頼らないようにすることが大切です。

抗生物質は最後の砦。
そのくらいの感じで考えておく方が良いでしょう。
生活習慣の改善が一番根本的な改善に繋がるのです。
ですから、薬に頼るだけでなく、生活習慣を改善し、自分の治癒力を高めること。
それも意識しておきたいものです。

自分に合った治療法を見極めることが大事

様々な治療法の中でもレーザー治療は改善が早いとされていますが、それでも数ヶ月の
期間が平均的にはかかります。

いつまでにどのぐらい改善していたいのかがはっきりしているのであれば、
それに合わせた治療をしていく必要がありますので、いずれにしても早めに医師に
相談しに行くことが得策だと言えるでしょう。

ニキビ治療中の食べ物について

ニキビ治療をしても、脂っこい食事を続けていては
皮膚の状態も変わりません。

状態

ニキビ治療と共に予防にもなる食べ物を使った食事は、
肌にも体にも良い行動です。

特にレバーやにんじんに含まれるビタミンAは、
毛穴の詰まりを解消して肌のターンオーバーを
促してくれる効果があります。

さらに皮膚や粘膜に潤いを与えて、細菌類から
肌を守るバリアーの役目も果たします。

ビタミンB2やB6を含む食べ物は皮脂の分泌を抑えて、
新陳代謝を促しながら新しい肌細胞の形成にも
関わっています。

変化

ニキビ治療をしている場合、日頃何気なく口にしている
たまごや乳製品、海藻・まぐろ・かつお・にんにくなど
心して摂って行くべきではないでしょうか。

その他ビタミンCやEはコラーゲン線維の生成を促進して、
血液循環を改善・メラニン生成を抑制しながら
高い抗酸化作用もあります。

これらの食材を効率良く摂取するには、鍋やスープにして
水溶性のビタミン類をすべて食べてしまいましょう。

脂溶性のビタミンAは、油で炒めることで摂り込み易くなります。

 

体の内側からニキビを治す!ニキビにいい食べ物は?

ニキビで悩んでいる多くの方が洗顔方法をはじめとした体の外から
行うケアを気にされているかもしれません。

しかしニキビ治療には体の内側から行えるさまざまな方法があります。

その中でもつい見落としがちでありながらすぐにとりいれることが
できるおすすめの対策方法が食生活の見直しです。

特にニキビで悩んでいる多くの方の原因の一つとして高脂質・高糖質な
食事を摂っているというものがあげられます。

実際に西洋型の食事を知らない未開の地で暮らす人たちの間では
ニキビの発生が確認されたことがないことからもその影響の
大きさは立証されています。

つい食べたく気持ちをぐっと抑えて揚げ物や炭水化物、甘いものの
食べすぎに注意するのが良いでしょう。

また、合わせて抗炎症作用のある食事をとるのが良いと言われています。

具体的にはビタミンCが豊富に含まれる野菜や柑橘系のフルーツなどが
あげられます。

更に、抗酸化作用が高くニキビだけでなく肌全体を美しくする効果が
知られるアスタキサンチンが豊富に含まれる鮭などは特におすすめの食材です。

そのいずれも日常生活でとることができるものばかりです。

ぜひ参考に悩みの種であるニキビとすっきりさよならを目指してみては
いかがでしょうか。

仙台で悪化したニキビの治療

背中にできたニキビが気になっているという人は
たくさんいるかもしれませんが、デリケートな場所なので
刺激を与えないように注意しましょう。

ニキビができてしまう理由にはさまざまなものがあります。
皮脂が固まってしまっているという場合や、しっかり洗えていないと
いう場合、乾燥しているという場合など、それぞれに合わせた
対策が必要です。

その症状は背中ニキビじゃないかも?背中にできるよく似た症状は?

背中ニキビに悩んでいる人は多いはずです。
しかし背中ニキビだと思っていても、背中ニキビに似た症状や
病気も存在します。

小さな膿疱やかゆみ・痛みを生じるものにはマラセチア毛包炎があります。

これは、カビの一種であるマラセチア菌というものが
増殖して発症するものです。

他にも、毛のう炎という毛包の浅い部分に黄色ブドウ球菌などの
細菌が感染して炎症を起こします。

軽いかゆみを伴い、背中だけではなく、頭皮にできることもあります。

また、よく聞くものの一つとしておできもあります。
毛のう炎が進行すると、毛包の深い部分と周囲が炎症を起こして化膿します。

皮膚が固くなりズキズキと痛みや赤み・熱を伴います。
これらを防ぐ為には、マラセチア包炎の場合は脂・汗をしっかりと拭くことや
清潔な状態を保つことが重要なので、お風呂やシャワーを使うことです。

他のものにおいても、雑菌の繁殖しやすい湿った部位にできやすいです。
マラセチア包炎と同様に汗を拭くことを含め、肌の乾燥を日ごろから
気を付け、保湿を心がけることも重要です。

病院に行くことも一つの方法です。
ニキビで病院と思う人や恥ずかしいという理由で行かない人も多いですが、
勇気をだしていってみることは今後の生活をちょっと明るくしてくれるかもしれません。

刺激

ニキビは肌だけの問題ではない場合も

悪化したニキビのケアだけでなく、全体的なケアを
しっかり行うことで、綺麗な肌を手に入れることができます。

仙台でニキビの治療を受けたいと考えているなら、仙台にある
人気のエステサロンやクリニックを探してみると良いでしょう。

「仙台 ニキビ 治療」などといったキーワードで検索すれば、
さまざまな店舗の情報が見つかります。

情報を集める

ニキビ治療の薬物治療について

ニキビ治療にはレーザーなど皮膚科のクリニックで行うものもあれば、
薬を処方してもらう薬物治療もあります。

薬物治療の場合、最初、皮膚科での診察が必要です。
まず医師に症状を診てもらい、どういうニキビ治療をしていくか
を決めます。

軽度の場合は薬を処方してもらう薬物治療で症状は改善されます。
薬には保険適用のものと保険適用外のものがあります。

どちらを使うかは医師と相談の上、決めます。
塗布する外用薬の場合、最初の数週間は乾燥やピリピリ感、
皮膚がポロポロと剥ける症状がありますが、これは薬が
効いている証拠です。

薬を使う

肌の角化を防ぎ、ターンオーバーを促しているため、
このような症状が出ます。
一度、それらの症状が落ち着くとニキビができにくくなります。

しかし、この薬は毎日使い続けなくてはいけません。
一度、中断するとまた最初の症状に戻ります。

また、外用薬以外にも身体の中から効果的な漢方などが
処方される場合もあります。
薬は人それぞれの体質に合わせたものを処方されます。

漢方

ニキビ治療をしたい方はまずは皮膚科で診察してもらう
必要があります。

始まりは5世紀!漢方の歴史と特徴と今後の課題

漢方医学というのは、中国を起源として日本で発展した伝統医学です。
その始まりは5世紀頃といわれ、中国から伝来した医学が
その後千年以上の年月をかけて日本で独自の発展を遂げました。

中国を起源とする伝統医学は、中国では「中医学」、
韓国では「韓医学」と呼ばれています。

起源は同じですが、その医学体系は漢方医学とは異なった形をとっています。

また、それぞれの医学で処方される薬は、漢方医学は「漢方薬」、
中医学は「中薬」、韓医学の場合は「韓薬」と呼ばれます。

元々漢方医学という呼び方は江戸時代まではありませんでした。
ところが江戸時代中期になって、従来の医学とは体系が違う
「オランダ医学」が伝来し、「蘭方」と呼ばれるようになります。

このことで両者を区別する必要性が生じて、従来の医学の古典が
著された時代が漢の時代であったことから「漢方」という呼び名が
使われるようになりました。

漢方医学の特徴は全身を見て治療を行う点にあります。
西洋医学とは異なり、複数ある症状を総括して「証」という概念で
治療の仕方を決めます。

生薬などが用いられ人間の心身が本来持っている自然治癒力を重んじ、
それを高めることで回復を図っていきます。

現在、漢方薬の原料の8割以上を中国産の植物に頼っており、
日本国内での生産が間に合わないのが現状です。

その点が今後クリアしていく課題だといえるでしょう。

白ニキビができる原因とニキビ治療の方法

白ニキビの原因はニキビが出来る初期段階で、
毛穴が角質で埋まってしまう事によるものです。原因

ニキビ自体には色々な種類があるため
原因も対処方法も変わってきます。

中でも白ニキビは、皮脂がスムーズに
排出できずに毛穴が大きくなり
皮膚が膨らんだ状態です。

穴をふさぐ原因は様々で洗い残った
シャンプーやリンス、化粧品といった
場合もあります。

時にはほこりや塵も詰まることがあります。
白ニキビは間違った方法でケアしたり、
気になるからと触りすぎたりすると悪化してしまいます。

悪化するとより深刻な黒ニキビになったり炎症を起こし
触ると痛みを伴うようになってしまいます。

ニキビの進行度は色で判断!早めの対処が大切

ニキビは、でき初めは白ニキビや色の薄い状態でそれほど気にならないことも
ありますが、雑菌が繁殖してしまうと、化膿したり真っ赤に晴れてしまうことも
少なくありません。

化膿して赤くなっている状態や、中に皮脂の塊が見える段階では
医療機関に相談をして適切な治療をしたほうが早期に改善できます。

悪化してしまう前の初期の状態で、中にたまった皮脂や角質を
潰してもらう処置なども、医療機関で行っていますので
跡を残したくないのであれば、早めにクリニックを受診して
治療を始めたり処置をするのがお勧めです。

ニキビの進行度は色によっても異なりますが、早めの受診をするに
こしたことはありません。

どのような段階でも、処置や治療をすることは可能ですので
ニキビが気になるときにはかかりつけの皮膚科を受診するのがおすすめです。

クリニックでは、角質をスムーズにはがれやすくする薬や
炎症を抑える薬などが処方されます。

状態によっては、漢方薬や抗生物質などの内服薬が処方されることも
ありますので、早めに受診をすることで、健康で美しい肌になることが可能です。

悪化してから病院に行くよりも、なるべく早めに診察を受けて
治療を開始したほうが早く治すことが出来ます。

いずれにしても、肌を毎日観察することが重要と言えるでしょう。

ニキビを治す第一歩として

そんなニキビ治療はまずバランスの良い食生活や
規則正しい生活を心がけることから始めます。

痛みを伴う

他にもニキビ治療の専門家である皮膚科に通い皮脂や
角質を取り除いてもらうのも良いでしょう。

ニキビ治療は改善する他にも悪化を防ぐ意味もあり、
気になったら早めに対処することが大切です。

ニキビ跡の改善に有効なレーザー治療の種類

ニキビ跡の改善にはレーザー治療が有効ですが、
実はいくつかの種類があります。

赤みが残ったニキビの治療にはVスターや
ピュアアクネスと呼ばれる治療を行います。

Vスターは赤みの原因である酸化ヘモグロビンに
吸収される光を照射して赤みの改善を行います。

効果的ピュアアクネスはアクネ菌を
死滅させる治療法で、同時に
赤みを軽減させる光や炎症を抑える
光も照射していきます。

クレーター状になってしまった
ニキビ跡にはフラクセルレーザーが
効果的です。

これは肌を元の状態に戻すのではなく、
肌を新しい状態にするためのもので、
光を照射することによって皮膚に穴を開け、
皮膚を入れ替えていきます。

治療の種類

また、光の拡散を利用して肌のざらつきや角質を
取り除いていくヤグレーザーピーリングというものもあります。

この治療法には線維芽細胞を活性化させることで、
コラーゲンの増殖を促す効果もあります。

このように自分のニキビ跡の状態によって治療の種類も
変わってくるのです。

美肌と密接な関係!線維芽細胞の働き

多くの女性は美容への関心を持っており、歳を重ねても
いつでも綺麗な肌でいたいと願っている人は少なくありません。

肌は日々紫外線や様々な外因のストレスに晒されており、
加齢とともに失っていく肌の瑞々しさをいかにキープするか
が重要です。

美しい肌を保つ為にはハリやつや、肌の弾力は欠かせませんが、
美肌には線維芽細胞が大きく関わっているのです。

この細胞は真皮線維芽細胞とも言われており、その名前の
通りに肌の真皮にも存在しています。

線維芽細胞は肺や心臓などをはじめさまざまな部分に存在して
いますが、結合組織の最も基本になる細胞でもあります。

線維芽細胞は美肌には欠かせないコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸を作りだす源とも言える細胞であり、線維芽細胞が
活発な環境下ではコラーゲンやヒアルロン酸などの代謝が
スムーズに行われて瑞々しい肌を保ってくれるのです。

肌は加齢や紫外線からのダメージ、ストレスなどによって
線維芽細胞が衰えてくると新陳代謝が弱くなってしまい、
弾力やハリ、瑞々しさを失っていきます。

それらが元で真皮組織は緩んだ状態になってしまい、
シワやたるみを引き起こしてしまうのです。

美肌を保つ為には真皮で活発に線維芽細胞が働ける状態が
必要になるのです。