ニキビ治療中の食べ物について

ニキビ治療をしても、脂っこい食事を続けていては
皮膚の状態も変わりません。

状態

ニキビ治療と共に予防にもなる食べ物を使った食事は、
肌にも体にも良い行動です。

特にレバーやにんじんに含まれるビタミンAは、
毛穴の詰まりを解消して肌のターンオーバーを
促してくれる効果があります。

さらに皮膚や粘膜に潤いを与えて、細菌類から
肌を守るバリアーの役目も果たします。

ビタミンB2やB6を含む食べ物は皮脂の分泌を抑えて、
新陳代謝を促しながら新しい肌細胞の形成にも
関わっています。

変化

ニキビ治療をしている場合、日頃何気なく口にしている
たまごや乳製品、海藻・まぐろ・かつお・にんにくなど
心して摂って行くべきではないでしょうか。

その他ビタミンCやEはコラーゲン線維の生成を促進して、
血液循環を改善・メラニン生成を抑制しながら
高い抗酸化作用もあります。

これらの食材を効率良く摂取するには、鍋やスープにして
水溶性のビタミン類をすべて食べてしまいましょう。

脂溶性のビタミンAは、油で炒めることで摂り込み易くなります。

 

体の内側からニキビを治す!ニキビにいい食べ物は?

ニキビで悩んでいる多くの方が洗顔方法をはじめとした体の外から
行うケアを気にされているかもしれません。

しかしニキビ治療には体の内側から行えるさまざまな方法があります。

その中でもつい見落としがちでありながらすぐにとりいれることが
できるおすすめの対策方法が食生活の見直しです。

特にニキビで悩んでいる多くの方の原因の一つとして高脂質・高糖質な
食事を摂っているというものがあげられます。

実際に西洋型の食事を知らない未開の地で暮らす人たちの間では
ニキビの発生が確認されたことがないことからもその影響の
大きさは立証されています。

つい食べたく気持ちをぐっと抑えて揚げ物や炭水化物、甘いものの
食べすぎに注意するのが良いでしょう。

また、合わせて抗炎症作用のある食事をとるのが良いと言われています。

具体的にはビタミンCが豊富に含まれる野菜や柑橘系のフルーツなどが
あげられます。

更に、抗酸化作用が高くニキビだけでなく肌全体を美しくする効果が
知られるアスタキサンチンが豊富に含まれる鮭などは特におすすめの食材です。

そのいずれも日常生活でとることができるものばかりです。

ぜひ参考に悩みの種であるニキビとすっきりさよならを目指してみては
いかがでしょうか。

ニキビ治療中に気をつけたい洗顔

ニキビ治療中に気をつけたいのが、正しい洗顔をするということです。ニキビが出来る原因は毛穴に皮脂がつまることですが、
皮脂を取りすぎて肌を乾燥させてしまうと、今度は肌を
守ろうとして硬くなった角質で毛穴がつまりやすくなることもあるため、
肌を清潔にしなければと思い込んで1日に何度も顔を洗うことは
ニキビ治療中にはやってはいけない行動です。潤いを与える

ニキビ治療中に心掛けたい正しい洗顔方法は、顔を洗うのは
基本的に朝と夜の2回にして、ゴシゴシこすらずに
洗顔料をよく泡立てて泡で優しく洗い、肌に負担をかけずに
余分な皮脂と汚れだけを落とすという方法です。

顔を洗う時はぬるま湯を使うようにして、洗顔料に関しては、
強い洗浄力をうたっているものは成分がきつくて
肌を乾燥させる危険性があるので避けた方が無難となり、
泡立ちが良くてマイルドなもので洗うのがおすすめです。

顔を洗い終わったらタオルで水を拭き取りますが、その時も
こすらずに押さえるようにして水気を取り、肌に刺激を
与えないようにしましょう。

そして、タオルで拭いたらすぐに化粧水や乳液で保湿をし、
肌にしっかりと潤いを与えることもニキビ治療中には
大切なポイントです。洗う

人が本来持つ肌を守る力|肌のバリア機能とは

肌のバリア機能とは、肌の表面にある0.02mmの角質層が、
しっかりと潤いを蓄えて、乾燥や紫外線といった外部の刺激から
肌を守ることを意味します。

肌が潤うためにはバリア機能を整える必要がありますが、
乾燥や外部の刺激を受けることでバリア機能が低下してしまいます。

要するに乾燥肌や敏感肌の方はこのバリア機能が低下していると
いうことになり、これを防ぐためには、肌が生まれ変わり、
新しく角質層を作り出すターンオーバーのサイクルを整えることが大切です。

そのためにはスキンケアでしっかり保湿することが重要となります。

肌は自分で保湿成分を作り、角質層の内部へ水分を蓄えておく
ことが出来ます。

この力は天然保湿因子、細胞間脂質、皮脂膜の3つの要素で
成り立っており、それぞれが角質層の中で個別の役割を担って
いるので、全て欠かせない物となっています。

まず天然保湿因子についてですが、こちらの半分がアミノ酸で
出来ており、角質層の中で水分を含んで保湿する役割があります。

セラミドやコレステロールといった成分が含まれている細胞間脂質は、
肌の中の水分を留める役割や、天然保湿因子を安定させることも出来ます。

皮脂膜は、肌の表面の膜として、水分が蒸発するのを防いでくれます。

このように、肌のバリア機能を整えるためには、この3つの要素が役割を
果たせるように、しっかり保湿をすることが大切です。

肌にはもともと保湿成分があるため、それが不足しないようしっかり保湿して、
外部からの刺激や乾燥から肌を守る対策をすると良いでしょう。

白ニキビができる原因とニキビ治療の方法

白ニキビの原因はニキビが出来る初期段階で、
毛穴が角質で埋まってしまう事によるものです。原因

ニキビ自体には色々な種類があるため
原因も対処方法も変わってきます。

中でも白ニキビは、皮脂がスムーズに
排出できずに毛穴が大きくなり
皮膚が膨らんだ状態です。

穴をふさぐ原因は様々で洗い残った
シャンプーやリンス、化粧品といった
場合もあります。

時にはほこりや塵も詰まることがあります。
白ニキビは間違った方法でケアしたり、
気になるからと触りすぎたりすると悪化してしまいます。

悪化するとより深刻な黒ニキビになったり炎症を起こし
触ると痛みを伴うようになってしまいます。

そんなニキビ治療はまずバランスの良い食生活や
規則正しい生活を心がけることから始めます。

痛みを伴う

他にもニキビ治療の専門家である皮膚科に通い皮脂や
角質を取り除いてもらうのも良いでしょう。

ニキビ治療は改善する他にも悪化を防ぐ意味もあり、
気になったら早めに対処することが大切です。