ニキビ治療中に気をつけたい洗顔

ニキビ治療中に気をつけたいのが、正しい洗顔をするということです。ニキビが出来る原因は毛穴に皮脂がつまることですが、
皮脂を取りすぎて肌を乾燥させてしまうと、今度は肌を
守ろうとして硬くなった角質で毛穴がつまりやすくなることもあるため、
肌を清潔にしなければと思い込んで1日に何度も顔を洗うことは
ニキビ治療中にはやってはいけない行動です。洗ってから

ニキビ治療中に心掛けたい正しい洗顔方法は、顔を洗うのは
基本的に朝と夜の2回にして、ゴシゴシこすらずに
洗顔料をよく泡立てて泡で優しく洗い、肌に負担をかけずに
余分な皮脂と汚れだけを落とすという方法です。

顔を洗う時はぬるま湯を使うようにして、洗顔料に関しては、
強い洗浄力をうたっているものは成分がきつくて
肌を乾燥させる危険性があるので避けた方が無難となり、
泡立ちが良くてマイルドなもので洗うのがおすすめです。

顔を洗い終わったらタオルで水を拭き取りますが、その時も
こすらずに押さえるようにして水気を取り、肌に刺激を
与えないようにしましょう。

そして、タオルで拭いたらすぐに化粧水や乳液で保湿をし、
肌にしっかりと潤いを与えることもニキビ治療中には
大切なポイントです。早起きが良い