ニキビ治療中の食べ物について

ニキビ治療をしても、脂っこい食事を続けていては
皮膚の状態も変わりません。熟練の技

ニキビ治療と共に予防にもなる食べ物を使った食事は、
肌にも体にも良い行動です。
特にレバーやにんじんに含まれるビタミンAは、
毛穴の詰まりを解消して肌のターンオーバーを
促してくれる効果があります。

さらに皮膚や粘膜に潤いを与えて、細菌類から
肌を守るバリアーの役目も果たします。

ビタミンB2やB6を含む食べ物は皮脂の分泌を抑えて、
新陳代謝を促しながら新しい肌細胞の形成にも
関わっています。普段見られない

ニキビ治療をしている場合、日頃何気なく口にしている
たまごや乳製品、海藻・まぐろ・かつお・にんにくなど
心して摂って行くべきではないでしょうか。

その他ビタミンCやEはコラーゲン線維の生成を促進して、
血液循環を改善・メラニン生成を抑制しながら
高い抗酸化作用もあります。

これらの食材を効率良く摂取するには、鍋やスープにして
水溶性のビタミン類をすべて食べてしまいましょう。

脂溶性のビタミンAは、油で炒めることで摂り込み易くなります。